読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

立ち直りブログ

うつ病の私が立ち直るためにつけるメモのようなもの

コンサータを飲み始めました。

ADHD

前回のエントリでストラテラが体に合わなかったことをお伝えしました。

junzo.hatenablog.jp

さて、もう一つの選択肢ということで、2週間ほど前からコンサータ18mg(朝一回)を飲み始めています。

薬は個人で合う合わない色々あるかと思いますが、コンサータは私について言えば合っているようです。

 

・効果

日中の嫌な眠気がなくなる。日中の嫌な気だるさがなくなる。頭の中がすっきりする。これらの効果があって、結果として何かやることないかな、とアクティブな気持ちになる。

 

・副作用

特になし。

 

嫌な副作用が出なかったことも大きいのですが、日中の眠気等がなくなってアクティブになるのでとても気分が良いのが飲み始めてよかったなと思う最大のポイントです。この時間を使って何かしよう、ということを考えるようになり、筋トレやウォーキングなどを始めて、2週間ほど継続してできています。2kgほど体重が落ちましたが、これはコンサータの副作用ではなく体を動かしている効果によるものじゃないかと考えています。ついでに転職支援コンサルティングサービスのようなものに登録して話を聞きに行ったりもしています。

不注意の改善については、あまり注意力を使う場面が来ていないのでなんともいえませんが、頭がすっきりとし、眠さや気だるさも減っているので改善しているんじゃないかなという気はします。

良い感じで効果を感じているので、コンサータは継続することにしました。容量を増やすかどうかの判断がありましたが、現時点で十分に効果を感じられていることからあえて増やさず18mgのままでいきましょう、ということで現状維持。

ストラテラが合わなかった時は、残念な気持ちになりましたが、コンサータは合っていたようで嬉しいです。ちなみに、ストラテラを飲んだ時の副作用については服用をやめるとなくなりました。よかったよかった。

 

そんな感じです。また続報を伝えられればと思います。

ストラテラを2週間試した結果

ADHD

どうもこんにちは。

前回の投稿から3週間ほど経過しました。この間に、初めてのストラテラを2週間試していました。朝1回服用40mgです。個人的な服用体験について書いておきます。個人によって体質等違いがあるので、もちろん人によって効果も副作用も出方は様々であろうことは最初に言っておきます。私について言えば、こうだった、ということです。

 

結論から言うと、私には合わないようです。

 

・効果

特に実感としての効果は感じられませんでした。何かが改善したという感覚もなし。これはもしかしたら80mgくらいまで増量したら何らかの効果を感じられたのかもしれません。ですが、後述の副作用のため増量は断念しました。

 

・副作用

軽い胃の違和感(大したことない)、喉の乾き(大したことない)。これらは全然気にならない程度でした。あとの2つがきつかった。それは、排尿困難、そして勃起不全です。

 

シモ寄りの話になってしまいちょっと恥ずかしいですが、お薬の服用体験として一応真面目に書いておきますwまぁあんまりキレイな話じゃないので苦手な方はスルー推奨です。ちなみに再確認ですが当方男性です。

 

排尿困難。通常シャーっと出る小水が、ボトボトボトッとなる感じ。時間あたりの排出量が減ってやたら時間がかかる感じです。

勃起不全。読んだままです。そういうタイミングになってもなんらかの刺激をしても無反応です。何もない時でも微妙な違和感を感じます。

この両方のせいで、下半身の違和感がすごいです。自分の身体(というかアレ)じゃないみたいです。なんだかすごい欠陥を抱えたような気がして、気分が激下がりです。

詳細をあんまり生々しく書いてもしょうがないのでこのくらいにしておきますが、とにかくこの副作用が辛すぎて、それに伴う気分の下がり方が生活に悪影響を及ぼすと判断しストラテラは断念することにしました。ちなみに、同じような副作用は以前うつの症状に対してパキシルを服用した時にもありました(パキシルも断念)。そういう方向に副作用が出やすい体質とかがあるのかもしれないですね。

 

というわけでストラテラを中止して、次の選択肢に進みます。それは2大巨頭のもう一角、コンサータさんです。

コンサータは正直、ちょっと服用するのが怖いです。依存性のあるものに弱い私にとっては抜け出せなくなるくらい依存してしまうのではないか、という恐怖です。でも一方で状況が改善するのでは、という期待感もあります。両者を天秤にかけて、現状から少しでもいい方向へ、という期待感に重きをおいて、コンサータチャレンジです。

まずは18mg、朝1回服用です。

コンサータについてはまだ飲み始めて間もないので、もう少し経ってからまた書いていきたいと思いますが、数日間の印象では「イイ感じ」です。辛い副作用があまり出ずに効果を実感できたらいいな、と思います。

 

そんな感じで。ではまた。

WAIS-Ⅲという知能検査の結果が出ました

ADHD

前回書いてからまただいぶサボってしまいましたが、7月中に受けたウェクスラー成人知能検査(WAIS-Ⅲ)の結果を8月に入り受け取りました。

 

全検査IQ:110「知的水準は平均の上(~平均)」

言語性IQ:116「知的水準は平均の上(~高い)」

動作性IQ:101「知的水準は平均」

とのことでした。

結果についてきたコメントをざっくりまとめると、

手を動かしたり動作で表現したりするよりも言葉で理解したり表現することの方が得意。計算力と語彙は優れているが、単純作業をはじめ情報処理のスピードが遅い。社会規範的な一般常識の判断はできる。社会的な場面の流れを読み、対人関係を理解することはできる。指示の理解や意見を表明することは得意であるのに、それを実際の行動で表現するまでには時間がかかってしまい、言動の不一致やその場にそぐわない行動として表れてしまうことがあるかもしれない。たくさんの指示がある時には1つの指示に注意を向けると時にもう一つの指示の抜けや忘れに繋がることがあるかもしれない。

というような感じです。

 

検査結果から先に書きましたが、7月中にこの試験を受けました。諸々合わせて3時間弱という長丁場で言葉の意味を説明したり、図形のパターンを見て正解を予測したり、色々な検査をしました。だいぶ疲れました。で、その結果が上のIQなわけです。

知能検査の結果は病院で医師から受け取ったのですが、合わせてADHDの診断についてもお話を頂きました。その他の検査の結果等も踏まえて、真っ黒ではないがADHDの傾向がかなり強い、ということでした。

に、煮え切らない!

まぁでも傾向が強いということなので、そういうものだと思って今後の人生を生きて行こうと思う次第です。

さて、ADHD傾向ありということで、薬としてはストラテラコンサータという例の有名なお薬の処方をしてもらうことが可能になりました。医師からは必ず効果があるというわけでもないし、症状が改善するとは限らないけど、試してみる?というノリでお話頂きまして、うっかりいい効果が出たらもうけもんだなと思ってまずはお試しでストラテラを処方してもらいました。40mg朝に服用です。効果が実感できるといいなぁ。

 

薬を服用してみた感想なんかはまた後日かければいいなと思います。

とりあえずそんなところで。

1ヶ月が経ちました。

日記

思いっきり更新をサボっている間にブログ設立から1ヶ月が経過しました。

月日が経つのは早いものです。

とりあえず自分のメモ書き程度に、と思って始めたブログですが、ごく少数ではありますが閲覧もされているようです。検索だったり、ブロググループだったり、結構色々なパターンでの流入があるようです。

元々多くの人に見てもらいたいというベクトルはないのですが、それでもアクセス数が少しついてくるとなんだか嬉しくなってしまいます。もちろん、見てくれた方がどんな感想を持ってくれたかはわかりません。なんだこれ、しょうもねーって思って速攻閉じちゃう人が多いんじゃないかな、とは思いますが、それでも見てくれたということが数字で現れるとやっぱり嬉しいな、と思う次第です。そんなわけでブログ管理画面でアクセス解析ポチポチするのがちょっと楽しみになってきている自分がいます。ささやかな楽しみが増えるのはいいことだ、とメモ書きが自分のプラスになっていると無理やり考えてもう少し続けて行きたいと思います。適度にサボりつつ。

さて、この1ヶ月の大きな変化と言えば、自分のADHDを疑い始めたということでしょうか。そこそこの期間うつ病だと思って治療にあたっていたわけですが、ADHDであることが原因となって、その結果としてのうつ病ではないか、ということを最近色々見ていて思ったわけです。ADHDを疑い始めてから、ずっと通っていた以外の病院でセカンドオピニオンを聞いてみようと思い2つほど病院を回りました。普段通っていた病院とは別の病院でカウンセリングを受けてみて、また別の病院では次回ADHDに関する詳細な検査を受けることになりました。黒か白か、グレーなのかはわかりませんが、ひとつの結果が出ることが次につながればいいな、と軽い期待感を持っています。今月中に検査を受けて、結果については8月になると思いますが、書ける範囲でここにも書いて行けたらと思います。

今週はまたしてもゴルフでさまぁ~ず×さまぁ~ずがお休みですが、なんとか乗り切って行こうと思います。

蒸し暑い日が続きますが、熱中症なんかに気をつけながら頑張って行きましょう。

あと、採点制度はひっそりと廃止しました。

では。そんな感じで。

そうだ、選挙行こう

雑記

参院選まっただ中ですが、こんな記事に目がとまりました。

news.livedoor.com

29日午前、盛岡駅前でマイクを握った石破大臣は、アベノミクスをこう評したのだ。

「大胆な金融政策で円を安くし、輸出を伸ばし、株を上げてきた。そして、財政出動公共事業を行い、経済が停滞しないようにした。しかし、大胆な金融緩和はいつまでもいつまでもできるものではない。財政出動もいつまでもどこまでもできるものではない」

 大いに賛同します。金融政策で一時的に円安を演出できても、それはマネーゲームの中に身を投じて、不確実なリスクにより大きく身を晒すことになり、外的要因を受けやすくするんじゃないかなーと素人としては思うのです。公的年金の運用も株式比率を増やして、マネーゲームへの依存度を高めた結果、2015年は5兆円の損失が確定したそうです。

www.asahi.com

で、財政出動による公共事業での経済活性というのは、インフラが整っていない時代ならば伝家の宝刀とも言うべき手法だったのかもしれません。ですが社会インフラがそれなりに整った現在、必要性という観点からも怪しい公共事業で発生するのはおこぼれを狙う周辺業界の需要ばかり。公共事業がないと成り立たないような土建屋さんをこれ以上増やしても意味がないと感じます。しかも震災復興と重なって建設関係の人材や物資の高騰を招いて一般企業の設備投資をかえって減衰させるという悪いおまけ付き。そして、借金しての財政出動という状態は、資金の先食いというか、将来世代のツケで今時点を盛り上がっているように見せかけるという状態に思えます。それで将来的に活かせるインフラが整うというならまだわかりますが、新しい大きな効果がありそうなインフラができるわけでもない、これまで作ったインフラの維持、補修にも莫大なお金がかかる状況で将来世代のツケでお金使って直近の好況を「演出」するのは勘弁して欲しいところです。その「先食いによる演出」とマネーゲームで目先の数字を無理やり上げて、しかも数字が上がっている部分だけを取り上げて「ほら数字が上がった、我々の成果だ」などとするのはあるべき姿ではないのではないか、とうまく言葉にならない不安を感じる次第です。

さて、安倍さん批判を開始した石破さんですが、今後自民党内での立ち位置はどうなって行くのでしょうか。今は外に置いておくとうるさいからということで地方創生相として閣内に置いているようにも感じますが、批判を開始したことでまた扱いが変わってくるかも知れません。参院選でうっかり自民党が大敗した場合、総裁候補としてまた返り咲くのでしょうか。個人的には安倍さんよりは石破さんの方がだいぶいいなあ、と思っております。

 

参院選も投票日が刻一刻と迫ってきております。

これまでの記事等読んで頂いた方ならわかるかも知れませんが、私JUNZO、安倍さんが嫌いです。理由は色々なのですが、政策的にも、テレビから伝わる人物的にも。なので安倍さん率いる今の自民党は支持する気になれません。公明党は、比較的まともなことを言うことがあるなと思っていますがバックボーンや選挙手法がどうにも引っかかります。かと言って、野党を見ても民進党共産党も、批判することが目的となってしまっている感が否めない。その他はあえて個別に見ていく必要性を感じない、とざっくり言うと今私はこんな見方をしています。カテゴリーとしては無党派に属すると思います。極めて消極的な消去法になってしまうような気がしますが、それでも必死に候補を選んで投票をするつもりです。

それでも選挙に行くのは、たった一票であってもこの国のあり方を決める場に参加していたいから。無職で貯金を切り崩してかろうじて生きているような身でも、一億総活躍社会とやらの蚊帳の外にいても、この国あり方に意思を表明したいから。選挙に参加せずに政治に文句を言うのは無理筋だと思うから。選挙に行った上で政治に文句を言いたいから。

 

少し過激ではありますが、こんな意見を見かけました。

 

satoshi.blogs.com

選挙に行かないあなたには、日本が他の国に行って戦争をする国になっても文句を言う権利はない

選挙に行かないあなたには、徴兵制で無理やり戦争に行かされても文句を言う権利はない

選挙に行かないあなたには、日本が人権よりも国益を重視する国になっても文句を言う権利はない

選挙に行かないあなたには、貧富の差がますます広がっても文句を言う権利はない

選挙に行かないあなたには、国の借金が増え続けて将来破綻しても文句を言う権利はない

選挙に行かないあなたには、スーパーインフレになってものが買えない時代になっても文句を言う権利はない

選挙に行かないあなたには、老朽化した原発が福島第一を超える事故を起こしても文句を言う権利はない

選挙に行かないあなたには、あなたの故郷が大量の使用済み核燃料を押し付けられても文句を言う権利はない

選挙に行かないあなたには、マスコミが自由な報道を出来ない国になっても文句を言う権利はない

 

みなさん、選挙行きましょう。

五郎丸さんでおなじみのアサヒ ザ ドリームのCM曲が気になった

日記

どうも、JUNZOです。

1日1投稿を、なんて言いつつサボりまくりです。

さてタイトル。テレビのCMを見ていて妙に頭に残る曲がありました。

アサヒ ザ・ドリームというビールのCMで、ラグビーの五郎丸選手がキックをしているシーンが印象的なものです。そのバックに流れている曲、メッチャ気になると思い調べてみたら、[Alexandros]さんのワタリドリという曲でした。

CMはこちら。ステマではございませんが一応。

cm.asahibeer.co.jp

 

MVはこちら

www.youtube.com

音楽に疎い私ですが、名前は知っていた[Alexandros]さん。初めてちゃんと聞きましたがいい曲だなぁと思いました。最近の音楽なんて全然聞いてなかったなぁなんて思います。だいぶ昔のある時点から時間が止まったように聞いてなかった。AKBとかエグザイル系統とかは全然聞く気になれなくて、加速度的に音楽から離れていってしまったような気がしています。

気が向いた時に聞くのは惜しまれつつ解散してしまったサムライジャズバンドPE'Zばかりという偏向っぷりでしたが、久しぶりに色々聞いてみるのも悪くないかな、と思います。

PE'Zはこんな感じ

www.youtube.com

日本語ヒップホップも一時期よく聞いていました。と言っても、聞いていたのはTHA BLUE HARBという人達だけ。一回気に入るとそればかりになるのは悪い癖ですね。BLUE HARBはオフィシャルな動画が見つからなかったので貼りませんが、独特の世界観と言葉選びが好きで随分聞きました。

とりあえずそんな感じで。

さまぁ~ず×さまぁ~ず 大竹さん入院騒動の詳細

テレビ ネタ

毎週楽しみにしている木曜深夜のさまぁ~ず×さまぁ~ず。先週はゴルフ中継でつぶれてしまいましたが、今週は放送がありました。今回は大竹さんの入院騒動スペシャル!

先日少し触れましたが、大竹さん緊急入院のためモヤモヤさまぁ~ず欠席という異例の事態がありました。

junzo.hatenablog.jp

筋膜炎による入院とのことでしたが、その知られざる詳細を番組中で語っています。通常、さまぁ~ず×さまぁ~ずはトーク、パペットコント、企画という3つのパートで成り立っていますが、今回はパペットコントも企画もなしで、大竹さんの入院トークのみぶち抜きでの編成となっています。

なかなか興味深い内容となっていました。最後には大竹さんの衝撃発言などもあり色々と笑わせてくれる回でした。

テレビ朝日ではテレ朝動画として放送後一週間は無料で動画を見られるのですが、現在URLエラーとなってしまって視聴できない状態になっているようです(6/24 18時現在)。復旧したらぜひ見てみて下さい。

2016年6月23日放送|さまぁ~ず×さまぁ~ず|テレ朝動画

 

そんな感じで。

報道ステーションでの党首討論

雑記

news.livedoor.com

話題の党首討論、私も見てました。なんて言えばいいんだろう、ちょっと勘弁してもらいたいなというか。皆さん選挙行きましょう。

 

 

www.youtube.com

 

 

www.youtube.com

 

 

 

www.youtube.com

 

www.youtube.com

サッカー 宇佐美貴史 アウグスブルグ移籍!

日記

ガンバ大阪は20日、日本代表FW宇佐美貴史(24)の移籍に関して、アウグスブルクとクラブ間合意に達したことを発表した。契約期間は4年。ドイツ『キッカー』によれば、移籍金150万ユーロ(約1億7700万円)程度で合意に達したとみられる。

 

news.livedoor.com

宇佐美選手の完全移籍が決まったそうで。海外再挑戦ですね。個人的にはツボにはまった時の宇佐美選手のシャープな振りから出るシュートが好きです。モーション少ないのに強いしコースもきっちり狙ってるし。ハリルホジッチ監督がホレ込むのもわかる気がします。ダメな時はダメダメだったりもするけども。頑張って欲しいところです。一度ダメだったからと言って永久に終わりじゃない。立ち直りブログ的にも再挑戦で今度は大成功を掴みっとってほしいです。

 

海外移籍といえば、サンフレッチェ広島浅野拓磨選手の周囲も騒がしいです。

www.sponichi.co.jp

こちらはまだ正式発表がない状態で、他クラブの名前も上がったりしてますが、ぜひ海外に行って欲しいです。先日のキリンカップ決勝のボスニア・ヘルツェゴヴィナ戦では悔しい思いもしましたが、これからの活躍が大いに期待できる選手です。21歳、伸びしろもまだ十分だしテクニック寄りの選手が多い日本人としては珍しいフィジカル、特にスピードに強みのある選手。U-23代表のトゥーロン国際という大会に出場中の浅野選手をわざわざ招集するほどハリルホジッチ監督も期待しているようです。宇佐美選手とのコンビも実現したら面白そうですね。

 

サッカーと言えば欧州は今EUROのまっただ中。録画して何試合か観戦しましたが、やっぱり熱いです。面白い。スペインは連覇のころから徐々に選手も入れ替わっているけど、バルセロナ所属のアルダ率いるトルコ相手に3-0と完勝。優勝して欲しいなーと思いながら見ています。

jp.uefa.com

一方地球の裏側ではコパ・アメリカ。アルゼンチンが猛威をふるっています。コパ・アメリカはスカパーが追いかけてますね。こちらも気になるところです。

soccer.skyperfectv.co.jp

 

というわけでサッカー観戦がはかどる今月です。そして移籍する選手は今後の活躍応援しています。頑張れ宇佐美選手&浅野選手!

そんな感じで。

今日の点数は100点満点中20点 日中の異様な眠気でちょっと下げ気味です。

一丁目一番地

雑記

選挙の季節がやってまいります。

突然ですが、「XX政策を我が党の一丁目一番地として云々」

これ、大っ嫌い。一頃流行っていたフレーズです。

一丁目一番地というのは、きっと優先順位の話をしてるんだろうな、というところまではわかるんです。

わからないのは、

・一丁目は何番地まであるのか それは何か

・何丁目まであるのか

・二丁目一番地と一丁目二番地はどちらが優先順位が高いのか

・一丁目一番地以外のことは大して考えてないような気がするのは気のせいか

というようなことです。

 

ドヤ顔で一丁目一番地とか言っちゃうセンスを大いに疑います。妙なキャッチフレーズとか、そういうのいいんで。

小泉純一郎さんの時代あたりから、選挙時のキャッチフレーズ、あるいはワンフレーズに各党こだわりを見せるようになったような気がしています。耳障りのいい、記憶に残る、そんなことを意識しているのかもしれないけど、どうにもズレてしまっているような気がしてならないわけで。

小泉さんは自民党をぶっ壊す」「構造改革なくして成長なし」「改革には痛みが伴う」といったフレーズで支持を集めました。当時の政治動向や前後の文脈に注意する必要はあるでしょうが、フレーズにはある程度の具体性が見えるように思います。小泉人気を分析して、ワンフレーズで訴求することの強さを取り入れようとしたんでしょうか、その後各党色々キャッチフレーズをひねり出して選挙戦を戦おうとするわけです。ところがその後のキャッチフレーズ、具体性を欠いたものが目立ちます。「美しい国」という謎のキャッチフレーズを連発されたあたりから私は???となってしまいました。具体的にはどういうことですか?

今も各党の選対本部や各候補でキャッチフレーズを練りに練っているんでしょうが、もうお腹いっぱいです。具体的に箇条書きにしてもらっていいですか。

そんなわけでワンフレーズの選挙戦、それとシングルイシューの選挙はもうやめにして欲しいです。なんとかならんのですかね。

 

よく昔のブログなんかでは、自己紹介がわりに100の質問に答える、みたいのがありました。こんなの。

mkanda.net

こういうのでいいんで、これの国会議員バージョンを定型フォーマットとして作って、各候補に答えてもらう。各候補答える際は監視員のいる個室で、資料持ち込み禁止で自分の頭の中から言葉をひねり出して書いてもらう。わからないならわからない、具体的な考えがないなら党の方針に従う、とかそれでかまわないんで。回答は選挙管理委員会的なやつの公式webで閲覧できるようにするって感じで。どうすかね。

Q.大きな政府と小さな政府、どちらを志向するか

とか、そんな質問をいっぱい並べて、個人の考えを明確にしてもらう。経済も、外交も、社会保障も、農業政策も、あらゆる分野で質問する。候補の政治信条、得意分野の広さ、深さが見えて、投票する側も、どういう考えの人物なのかわかってすっきり。名前を連呼するだけのうるさい街宣カーも禁止ですっきり。地元の冠婚葬祭に異様に顔出して、謎の笑顔で握手してまわるだけのおじさんが当選することもなくなってすっきり。選挙にかかる候補者のコストも減って、金銭面での参入障壁が下がる。選挙資金のために政党にぶら下がる必要性がなくなって、政治家個人で戦えるようになる。100の質問の答え事前に作って丸暗記でもいいけど、それなりに勉強が必要で、知名度だけのタレント候補とか排除しやすい。とかそんな感じでメリットはそれなりにあると思います。

政治家個人で選挙戦を戦えるようになれば、今の日本の政党政治ももうちょっと変わるんじゃないすかね。政党ありき、選挙の互助会、みたいのやめてさ。個人の考え、政治信条を基に選出されて、当選した後に考えの近い者同志で政党というか、ゆるいグループを作る、くらいでいいんじゃないすかね。政党交付金とかなしで。

一丁目一番地の話から随分遠くまで歩いてきてしまいました。とりあえずの思いつきの雑なメモでした。

とりあえず今度の参院選で「一丁目一番地」を聞いたら指差して笑ってやりたいです。そんな感じで。