読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

立ち直りブログ

うつ病の私が立ち直るためにつけるメモのようなもの

ADHD?

ブログ何書こうかなーとネタ探しにウェブ上をさまよっていたところ、ADHDの記事に辿り着きました。

 

ADHD(注意欠陥・多動性障害)とは、wikipediaの一部を抜粋すると、

衝動性(impulsive)・過活動(hyperactive)・不注意(inattentive )などの症状が、通常12歳までに確認されるが、過活動が顕著でない不注意優勢型の場合、幼少期には周囲が気付かない場合も多い。

 

不注意(inattention)には、以下の症状などがある

  • 簡単に気をそらされる、細部をミスする、物事を忘れる
  • ひとつの作業に集中し続けるのが難しい
  • その作業が楽しくないと、数分後にはすぐに退屈になる

 

これ、今までの自分に当てはまります。当てはまり過ぎます。

いやもちろん、ある意味誰しも当てはまるような話ではあると思うんです。ただ、ちょっと常軌を逸してというレベルで細部をミスする、気をそらされる、物事を忘れてしまうということが悩み?の種で、それがうつの原因のひとつになっていることはある程度自覚していました。

うつ病の症状としての注意力不足ではなくて、ADHDの症状としての注意力不足で、それがトリガーとなってうつ状態になっている、と考えることもできるような気がしています。wikipediaには、併発疾患としてうつ病も明記されていました。

もちろん私自身は専門家でもないので、病院の医師に相談することとなるわけですが、これまで通っていた病院はどうやらADHDにはあまり明るくないようなので、セカンドオピニオンを聞いてみようくらいの感覚で別のADHDに強い病院を受診してみようと思います。

仮にADHDだったとして、病名がうつ病からADHDに変わるだけじゃねえか、症状は今のままだろ、という気もします。でも一方で、ADHDとしての治療やサポートを受けられれば、少しは生きやすくもなるのかもしれない、という期待感も少しあります。

色々見ているうちにラスカルさんのブログを見つけました。

www.rasukaruadhd.com

悩んでいる様子がとても伝わってきて、共感できる不安があって、参考にできる点があって、熟読してしまいました。

変な言い方になるかもしれませんが、同じように悩んでいる人がいて、その人が頑張っている姿を見て、勇気をもらったような不思議な気分です。とはいえ、あまりADHD方面に先走ってもいけないと思うので、まずは病院でしっかりとした検査を受けたいと思います。

 

本日の気分は100点満点中22点。新たな発見につながるかもしれないという期待感でやや上げです。

そんな感じで。