読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

立ち直りブログ

うつ病の私が立ち直るためにつけるメモのようなもの

特例子会社ってなんだろう?発達障害の人が働ける場所とは

引き続きADHDについて色々とウェブ上の資料を漁っております。

今日(というか昨日の夜から)気になったワードは「特例子会社」。

 

まず、特例子会社とは。例によってWikipediaから抜粋すると、

特例子会社(とくれいこがいしゃ)とは、日本法上の概念で、障害者雇用に特別な配慮をし、障害者の雇用の促進等に関する法律第44条の規定により、一定の要件を満たした上で厚生労働大臣の認可を受けて、障害者雇用率の算定において親会社の一事業所と見なされる子会社である。

完全子会社の場合が多いが、地元自治体の出資を入れる第三セクターの形を採るものもある。

 

 従業員50名以上を擁する会社は、そのうち障害をもっている従業員を、従業員全体の2.0%以上雇用することが義務付けられている(重度障害者の場合は2 名として計算される)が、特例として会社の事業主が障害者のための特別な配慮をした子会社を設立し、一定の要件を満たす場合には、その子会社に雇用されて いる障害者を親会社や企業グループ全体で雇用されているものとして算定できる。このようにして設立、経営されている子会社が、特例子会社である。

とあります。ざっくり言うと、ある程度の規模の会社は障害を持っている従業員を多少雇うことが義務付けられていて、その雇用障害者数としてグループ全体としてカウントできる、障害者に配慮をした子会社のことを特例子会社と言うみたいですね。

 

平成26年5月時点での特例子会社一覧という資料がありました。

http://www.mhlw.go.jp/bunya/koyou/shougaisha/dl/20.pdf

見てみると、親会社が超有名企業であることが多いです。わざわざ子会社化するのにはかなりの規模が必要になるわけで、それができるのは大企業グループということになるんだと思います。

 

では企業側には、特例子会社を作るにあたってどんなメリットがあるのでしょうか。

以下サイトにこのような記載がありました。

特例子会社と設立のメリット

 特例子会社の具体的なメリットとは


1 障害者雇用率の達成が可能になり、親会社等の納付金が減額されるか、雇用率によっては調整金が支給される。
2 社会的責任を履行できるとともに、社会的なイメージアップが図れる。
3 障害者の特性に配慮した仕事の確保、職場環境の整備、適切な人材(専門スタッフ、指導員など)の確保が容易になるため、障害者の能力を引き出すことができる。
4 一般的には障害者の定着率が高まるので、募集の費用や労力が軽減できる。
5 定着率が向上することで生産性の向上も期待できる。
6 障害者の雇用について、適切な環境整備を図れば十分に能力を発揮できることが職場全体に深まる。
7 創意工夫をすることが大切であることの理解を企業全体に深めることができれば、企業全体の生産性向上につなげることも可能になる。
8 個々の職場で障害者受け入れのための整備を行うのに比べて、設備投資などを集中して行えるので、費用の軽減を図れる。

 

ということで、企業側にとっても色々とメリットはあるようです。
特例子会社でなくても、企業によっては障害者採用を行っているところもあります。そうした障害者採用に比べて、働く側としても環境が整備されている傾向が強い特例子会社は働きやすい職場なのかな、というイメージを持ちます。私は実際にどちらの現場にも行ったことがないので、あくまでイメージです。

 

発達障害と特例子会社という切り口では、このような記事を見つけました。

www.fvp.co.jp

もちろんこういった求人も数に限りがあるわけで、望んだからといってそういった環境で働けるとは限りません。でも、うつ病だったり発達障害だったり、そういった状況になって、もう普通に働くことなんて出来ないかもしれない・・・自分の人生どうなるんだろう、と落ち込んでいた私にとっては嬉しい情報です。今は自分がADHDであるのかどうか、医師による診断を受けてみようという段階ですが、仮にそうだったとした場合、発達障害と向き合って生きていくのだとしたらこんな形で社会と関わって、理解ある環境で仕事ができたらいいな、なんて思いました。

上の方で挙げた一覧には、親会社スクウェア・エニックス・ホールディングスなんて名前も出てきます。ゲーム好きにはたまらないですね!

 

また、障害者の就職・転職支援サービスというのもあるようで、例えば、

障がい者(障害者)の求人転職情報・雇用支援サービス|アットジーピー

障害者の厳選求人ならサーチコア|障害者求人の情報多数掲載

といったもので、他にも色々あるようです。私自身も今後の診断を経て、落ち着いてさぁ次は働いてみようかな、という段階になったら利用してみようと思います。

 

そんな感じで。

今日の気分は100点満点中23点、一歩前進ってことにしておきます。